ペットを飼う際に気を付けたい事|飼い方辞典

ペットを飼う際に気を付けること

ペットを飼う際に気を付けること

一人暮らしの女性や、動物が好きな方は自宅に小型犬などを買っている方が多くいると思います。しかし、小型犬なども性格があり、飼い主と合う合わないがあることはあまり知られていません。

 

犬の性格を決めるほとんどのケースが、「どこから引き取るか」ではなく「誰から引き取るか」になります。評判のいいペットショップから小型犬を買ってきても、担当しているスタッフのしつけが良くないと、そのママの状態で迎え入れないとだめなので、飼い主とのやり取りをまた一からやり直す必要があります。

 

そのようなペットとの信頼関係を築くところからするのが楽しいと感じる方もいるでしょう。その場合は良いのですが、それを望んでいない方なら、「どうして飼い主のいうことを聞いてくれないのか」と、癒しを求めてペットを購入したのに、ペットのために大きなストレスを抱えることになりかねません。

 

血統書などがきちんとしているから立派な犬だということはないのです。どんなに立派な血筋でも、正確になんがあれば、それは飼い主のストレスの元となってしまうのです。

 

一番いいのは、評判のいいブリーダーさんを訪ねることです。ペットショップでは経営が重視されがちですが、ブリーダーさんはペットの幸せを願っている人が多いと聞きます。

 

ペットの医療保険

ペットの医療保険

人間でも具合が悪くなると病院に行きますが、ペットも具合が悪くなると動物病院に診察してもらいます。しかし、人間とは違い医療保険に加入しているわけではないので、診察料金や投薬に、かなり高額な費用がかかってしまいます。

 

一昔前までは、動物病院などはあまりなく、病気になっても診察してもらうケースは、ほとんどと言っていいほどありませんでした。しかし、今ではペットも家族の一員と考える風習が広がってきているので、ペットが病気になると、動物病院に連れていったり、ペットの薬を購入して与えてみたりする飼い主さんが増えてきています。

 

ペットの医療保険に関しては、民間のものが存在していますが、数多くんプランが存在するので、どの医療保険を選んだらいいのかが、判断できない飼い主さんが多くいるといわれています。人間の医療保険は国が面倒を見てくれていますが、動物に関してはそうではないからです。

 

ペットの医療保険を決めるときには、まずは、どこまでの保証を付けたいかを決めることです。診察や、投薬まででいいのか、命の危険が迫った時にはペットに手術を受けさせるつもりなのかなどを一度考え直してみるといいでしょう。

 

私のペットの医療保険に加入していますが、数多くのプランがあるので、どれに決めるのかはとても骨が折れたと覚えています。